【医療の現場を守る!】「約9割」が知らない医療接遇の落とし穴

medical-manners-001a

【医療の現場を守る!】「約9割」が知らない医療接遇の落とし穴(PDF)

(medical-manners-001a)

個々のコミュニケーションスキル不足や気付いていない言葉遣いの癖、性分といった「個人要因」にとどまらず、“患者さんに褒められた”、“同僚・上司に元気づけられた”、“真摯に説明を繰り返して来たのに思いがけないクレームに繋がった!”などの「環境要因」なども重視した内容になっています。同時に患者対応などで問題があったときの現場背景、システムなどを詳細にヒアリングした上でこれまでの医療メディエーター経験をもとに研修内容を立案し、PDFにてご提供しています。

医療従事者個々の共感・傾聴の質についての気付きを促し、改善の繰り返しが効果を大きくし、組織として望む行動へ変容させることが期待できます。
■提供方法:PDF

✓講座の内容

  • 医療の世界を取り巻く環境
  • ケース1【入院費用を払いたくない患者家族】
  • 病院における接遇の意味と必要性
  • 患者と医療従事者の立ち位置に配慮したコミュニケーション
  • ケース2【患者A氏と主治医それぞれのナラティブ ストーリー】
  • 【傾聴】のスキル
  • 【共感】のスキル
  • 共感表明の謝罪 責任承認の謝罪 謝罪のタイミング
  • 信頼関係を構成するもの
  • 医療従事者に求められる話し方の基本的スキル
  • どんな場面、原因がクレームにつながるのか
  • クレームの構造
  • ≪クレーム発生時の初期対応≫
  • 接遇スタンダードの確立とコミュニケーションスキルへの意識付け

✓補足

研修のご依頼も是非お問合せください。少人数研修(ロールプレイ)が非常に効果的です。


  • ※大切なおしらせ:商品のご購入後に、ご登録のメールアドレスにご連絡をさせていただきます。なお、ご登録のメールアドレスにご案内が送信できなかった場合は、お電話させていただきますので、あらかじめご了承くださいませ🙇‍

医療の現場に於いて求められる「接遇」について解説しています。堅苦しい、上辺の体裁を整えたものではない、基軸となる精神を捉えたうえで患者対応に活かせる、医療の現場をも守る接遇をお伝えしています。

■提供方法:PDF

✓講座の内容

  • 医療を取り巻く事情
  • 改善ポイントの提案
  • クレーム発生の構造
  • 問題発生時の初期対応

✓補足
・個人情報保護法の観点から診療科名、個人名などは仮名を使用しています。


※大切なおしらせ:商品のご購入後に、ご登録のメールアドレスにご連絡をさせていただきます。なお、ご登録のメールアドレスにご案内が送信できなかった場合は、お電話させていただきますので、あらかじめご了承くださいませ🙇

 

 

 

 

 

在庫状態 : 在庫有り
¥15,000(税込)
数量